競売ではなく任意売却を選択するメリットとは

競売で住宅を売却すると損をする可能性が高い

住宅ローンなどの債務が返済できなくなって自宅を処分した上で債務を免責してもらう場合は競売や任意売却で持ち家を売却して債権者にできる限り返済します。競売の場合は裁判所が介入して住宅の買い手を募集しますが、競売の場合は相場よりも安い金額で売却が決まってしまう可能性が高いです。それに対して任意売却の場合は裁判所が介入して買い手を見つける方法ではなく、売却する本人か仲介する業者によって買い手を見つけて売却します。競売とは違って売る相手を選ぶ事ができる任意売却では競売よりも高い金額で住宅を売りやすいので、任意売却で売却する事で自己破産などをしなくても残高を返済できる額に減らせる可能性も高まります。住宅を売却してもまだ返済できる額を超えた債務が残ると結局自己破産などの債務整理をするしかありませんが、自己破産などをすると金融事故として記録が残るのでその後デメリットもあります。そのため任意売却で少しでも住宅を高い金額で売却する事は売り手にとって大きなメリットがあります。

引き渡しの期間を交渉できる

債務を返せなくなって持ち家を処分する場合は次の住宅を確保しなくてはなりません。しかし競売の場合は売却が決まると一方的に退去の日時を決められてしまうので、売り手側は困る事もあります。しかし任意売却で売却した場合は相手と引き渡しの日時について交渉できるので、売り手にとって高く売りやすいだけでなく無理のない時期に引き渡す事ができるメリットもあります。

任意売却とは、ローンの返済が困難になり、不動産を売却してもローンを全額銀行に返済できない状況で、不動産業者が仲介して、競売にかけずに、債権者、債務者、不動産業者が納得する金額で売買することです。