定期借家契約って何?普通の賃貸契約を結ばないと損ってホント!?

定期借家契約はオーナーに圧倒的に有利な契約だった

定期借家契約の部屋を不動産屋に案内されたとしたら、仕組みをしっている契約に詳しい人なら基本的に断ってしまう人が多いでしょう。なぜなら、定期借家契約はオーナーにとって圧倒的に有利な契約だからです。2年間の契約を結んだ場合に、普通借家契約ならば正当な理由が無い限り更新契約をオーナーは断れません。しかし、定期借家契約を結んだ場合には、2年後には自動的に期間満了に伴う解約となり、退去しなければなりません。再契約を行なう場合には、オーナーと入居者双方が納得した場合に限り、再契約が可能というだけであって必ずしも同じ場所に住めるとは限らないわけです。定期借家契約を選んでしまうと、再契約時に大幅に家賃が上げられたとしても文句1つ言えない状況になりかねません。

普通借家契約なら手厚い保護が受けられる

従来通りの普通借家契約を結べば、契約更新は書面を再度取り交わすかどうかに関わらず、基本的に継続することになります。オーナーにより退去勧告が出た場合であっても、正当事由が無い限りは応じる必要が無く、借地借家法により居住権が保証されているわけです。オーナーから解約通知を受け取ったとしても、明け渡し請求訴訟により判決を得るまでの間は、強制執行をかけるられる心配も無く日常生活を送れます。オーナーチェンジによる退去であっても、半年間の猶予が与えられるので、普通借家契約を選んで賃貸借契約を結ぶメリットは大きいでしょう。オーナーの権利が制限されている点を考慮して、定期借家契約を求めてくるケースがありますが、余程条件が良い場合以外では普通借家契約を選んでおけば間違いありません。

江別市の賃貸では、防音性に優れた物件も存在し、快適な生活空間を求めている場合でも満足しながら暮らせます。