知っておきたい! 子どもを持つ世帯の賃貸物件の選び方

学校と病院の位置を確認しよう

賃貸物件を探すとき、間取りの図面や家賃だけで契約を決めず、現地を見学するのはとても大切です。幼い子どもがいる世帯の場合は、物件周辺の学校(幼稚園)や病院の位置をチェックしましょう。子どもに持病がある場合、病院の位置は特に重要になります。また、物件周辺の道路状況も確認してください。大通りがすぐ近くにあると車両での移動などにメリットがありますが、子どもが幼いほど交通事故に巻き込まれるリスクが増えてしまいます。

確認しておきたい防音性

幼い子どもがいる世帯なら、契約の候補となる物件の防音性を確認しましょう。子どもの泣き声や走り回る音はどうしても発生してしまうので、近隣住民への影響を考えて壁や床の状況をチェックします。防音性に優れる物件は家賃が高く設定されていることがあります。防音性が標準的な物件だとしても、マットやカーテンを工夫することで多少は音を遮ることが可能です。引っ越しをしたあとは、近隣住民にあいさつに行き、幼い子どもがいることを伝えておくとよいでしょう。

子どもがある程度大きい世帯のチェックポイント

子どもがある程度大きい場合(10代後半、または20代以上)、物件探しは世帯主と配偶者のことを考えて行うとよいでしょう。子どもが独立して家に住まなくなるかもしれないからです。子どもが自宅での生活を続けるとしても、幼いときと比較して日常生活に配慮すべき点は少なくなるので、子どもを意識した物件探しの必要性は低いといえます。親世代のことを考えて、上層階の部屋を避けたり、日常的な買い物の利便性を優先させたりするとよいでしょう。

多摩センターの賃貸は、落ち着いた雰囲気の中で暮らせるだけでなく、都心方面へダイレクトアクセスが可能な点も魅力で、快適性と利便性を兼ね備えた物件が見つかる可能性が高いといえます。