客付けする不動産屋によって契約条件が変わる!?余計な条件を排除しよう

客付け不動産屋と元請け不動産屋を見分けよう

不動産屋には、大家から入居者探しを直接依頼されている元請け不動産屋と、不動産屋同士のネットワークを利用して入居希望者を元請け不動産屋へ紹介する客付け不動産屋があります。手持ち物件については、どの不動産屋であっても元請け不動産屋となりますが、自社で直接大家から依頼を受けている部屋のみでは、来店する入居希望者のニーズに合わない可能性があります。そこで、客付け不動産屋として他社が元請けしている部屋を相互に紹介し合える制度が不動産屋同士で制度化されているわけです。気に入った部屋の場所が分かれば、不動産屋を訪れる前に物件の外観を見に行き、管理物件の看板から不動産屋を探す方法が有効です。元請け不動産屋は、オーナーの許可を受けて看板を設置することが認められています。

元請け不動産屋に直接申込めば余計な条件交渉出来る

大家から元請け不動産屋には、広告料という名目で家賃数カ月分が成約時に支払われます。客付け不動産屋は、元請け不動産屋が大家から受け取る広告料の一部を元請け不動産屋から仲介手数料として受け取ることになるわけです。元請け賃貸物件を成約させた場合よりも、利益が少なくなるので、客付け不動産屋の中には契約条件に追加で抗菌施工費といった名目を追加して、余計な費用を入居希望者に支払わせてキックバックを業者から受けて利益を出そうとしています。元請け不動産屋ならば、成約すれば大家からの広告費を丸々利益に出来るので、客付け不動産屋よりも入居時の条件交渉がしやすいと考えられています。狙うなら元請け不動産屋を探すと良いでしょう。

交通の便が良く、通勤や通学に便利な立地の札幌の賃貸マンションは、ファミリーで暮らすのに最適といえるでしょう。