引っ越しの荷造りで起こりがちな3つの事とその対策!

梱包を終えた箱をもう一度開けないといけない!

荷解き作業をしやすいよう、本だけを入れる段ボールを作って箱詰めを終えました。すると、押入れの中から本が数冊新たに出てきました。せっかくガムテープまで貼って梱包を終えたところなのに、もう一度箱を開けないといけません。これでは二度手間ですね。こうならないよう、直前まではガムテープを貼らない状態で置いておくことをおすすめします。

段ボールの中から荷物を取り出さないといけない!

ダイニングテーブルの上に載っている物をまとめて段ボールに入れたところ、間違えてテレビのリモコンを入れてしまいました。「ダイニング」と書かれた3~4つの段ボールのどこかに入っているので、1つ1つ開けて探さないといけません。面倒なことになりましたね。このような事を防ぐため、普段よく使うものは直前まで段ボールに入れないのがベターです。

段ボールに荷物を詰めすぎて、重くなりすぎた!

例えば、本棚の本だけを詰める段ボールを作ったけど、持とうとしたら重すぎて一人では運べなかった、という経験はありませんか?一つの段ボールに重たい物をぎゅうぎゅう詰めにしてしまうと、あとで移動させるときに大変ですし、引越し屋の業者さんも困ります。段ボールが重くなりすぎないよう、軽めのものと組み合わせるか、一つの段ボールに入れる量を減らすようにしてみましょう。

以上、引っ越しのときにやってしまいがちな3つの事を紹介しましたが、いかがでしたか?引っ越しの準備はただでさえ大変な作業ですから、ムダな探し物に時間をとられないよう、かしこい荷造りを心がけましょう!

苫小牧の賃貸物件の中には犬や猫といったペットとの同居が可能な物件が多数あるので、ペットの飼い主も安心です。